吾唯知足

令和2年師走12日 大安

うつはには したがひながら いはがねも とほすは水の ちからなりけり

小松菜の種を蒔いた。

駅の近くに種苗店がある。 以前から気にはなっていたのだが、いつ前を通っても店主がお客さんと話し込んでいて入りづらかった。 ところが今日はだれもいなかったので遂に敷居を跨ぐことができた。

時期が時期なので余り品揃えはよくなかったが、いろいろと教えてくれた。 F1ではない種も多数取り扱っているようで、和歌山大根という地元の品種もあった。 今ある種のなかから、一年中いつでも蒔ける小松菜をいただいてきた。 楽天という品種だった。

家に帰って早速種を蒔いた。 先日広げた畝に、北側から2坪ほどの土にばら蒔きした。 少し乾燥ぎみだったので、横に散らばっていた草を上から被せた。